1/4

​2022年1月創刊

特集:東京 Tokyo

Statement

写真術の誕生から180余年。
21世紀の到来とともにデジタルカメラやスマートフォンの普及によって、誰もが気軽に写真を撮り、多方向に発信・受容してコミュニケーションできる世の中になりました。ソーシャルメディアの台頭は写真を取り巻く環境を一変させ、我々はリアルとバーチャルのはざまでカメラと映像に囲まれて暮らし、写真はもはやあらゆる媒体に変容する、我々の日常環境そのものとなりました。

これからの写真に何が可能なのか、この激動の時代に求められる写真表現とは何なのか。いまこそ「写真」とは何かと問い直すところから始めなければいけないのではないでしょうか。

写真そのものが持つポテンシャルを最大限追求するとともに、見るものを魅了するイメージと濃密な記事内容で、いつまでも人々の記憶に残るような誌面、五感にうったえかける物質としての印刷物を作りたい。書籍・雑誌の売り上げが低迷するいま、それでも写真を見るベーシックなかたち、写真家や関係者が集えるプラットフォーム、後世に伝えていくアーカイブの姿は、紙の本ではないでしょうか? 

そのような想いを写真に託して、未来に向けて発信すべく、
2022年1月、雑誌『写真(Sha Shin)』を創刊します。

世界から「写真先進国」と称される日本の写真文化は、広範な領域で独自の展開をみせ、それは連綿と現代に受け継がれています。毎号、日本の文化にちなんだ質の高い作品と、より深い視点の読みもの記事、写真にまつわるあらゆる情報をお届けしてまいります。乞うご期待ください。

180 years after the birth of photography.
With the spread of digital cameras and smartphones after the arrival of the 21st century, we now live in a world where photography is available to everyone and we can communicate freely in all directions. The rise of social media platforms has further changed the environment of photography. We live surrounded by cameras and images, on the edge between the real and the virtual. Photography dominates our everyday surroundings and transforms every other medium.

What are the future possibilities of photography? What is expected of photographic expression in such turbulent times? This is the perfect time to rethink what photography actually is. 

We want to create a magazine that will remain in people’s memories, something physical that speaks to all senses; a magazine that draws out photography’s maximum potential with deep, enriching articles and fascinating images. Yes, sales of books and magazines may be in decline, but does printed matter not remain the best way to view photographs? Is the magazine not still the ideal platform to connect photographers, thinkers and readers, and to create an archive of the present for future generations?

Driven by these convictions and our deep belief in photography,
we will launch “Sha Shin”, a new photography magazine, in January 2022.

Japan and its rich culture of photography have enjoyed a wide range of unique developments that have been preserved until the present day. With each issue of our magazine, we would like to present high-quality works related to Japanese culture, articles that provide a deeper perspective, and all kinds of information about photography. We hope you will join us on our journey.

237A0098.jpg

Overview

写真 Sha Shin Magazine
特集:「東京 TOKYO」

創刊:2022年(令和4年)1月予定
発行:年2回(1月・7月)
仕様:A5判定型(210×148mm)

   オールカラー・248ページ
定価:2,700円(税別)

発行人 渡辺 薫
編集人 村上仁一
編集  佐々木秀人、圓谷真唯

ディレクター 打林 俊
統括アドバイザー 飯沢耕太郎
造本設計 町口 覚
デザイン 浅田 農
発行  ふげん社
印刷  渡辺美術印刷株式会社
制作  合同会社 PCT

 

口絵作家:
横田大輔 Daisuke Yokota
北島敬三 Keizo Kitajima
小松浩子 Hiroko Komatsu
金村修 Osamu Kanemura
山谷佑介 Yusuke Yamatani
細倉真弓 Mayumi Hosokura
森山大道 Daido Moriyama

Pre-order

当サイトからご予約注文いただくと、定価¥2,970のところ、特別価格¥2,500(送料含む・国内のみ)でご購入いただけます。

海外への発送は送料¥2,000が加算されます。

If you pre-order from this site, you can purchase it at a special price of ¥2,500 (including shipping, domestic only) instead of the regular price of ¥2,970.

For international shipping, an additional shipping fee of 2000 yen will be added.

img20210822_393.jpg

Events

■創刊記念展覧会

『写真』創刊号記念 横田大輔 個展

2022年1月11日(火)〜2月6日(日)

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社(website
東京都目黒区下目黒5-3-12

■リーフレット配布

​創刊号口絵作家の作品が掲載されたリーフレットを各所で配布中です。

表紙は4種類ございます。

最新情報は各SNSをご覧ください。

Instagram:@shashinmagazine

Twitter:@ShaShinMagazine

Facebook:shashinmagazine

Videos

​ティザー映像 第一弾