top of page

【祝】雑誌『写真』編集部(代表:村上仁一編集長)が「日本写真協会賞 学芸賞」受賞



このたび、ふげん社が発行する雑誌『写真』編集部(代表:村上仁一編集長)が「日本写真協会賞 学芸賞」を受賞いたしました!


「日本写真協会賞 学芸賞」は、日本国内で優れた写真評論・写真研究などを発表し、広く一般に上梓して写真界に多大な影響を及ぼした個人または団体を対象とする賞です。


日頃のご応援、誠にありがとうございます。


これからも質の高い誌面を

継続的にお届けできるよう邁進いたします。


今度とも雑誌『写真』をよろしくお願いいたします。



【受賞理由】


ここ3年程のパンデミックの中、写真界も歴史ある写真誌や有名な写真賞が無くなるなど、大切な光を見失うような経験をした。

そのような中、今の日本における写真表現を幅広く紹介し、未来に向けた発信を掲げる雑誌『写真』の創刊は、まさに一筋の光である。

日本写真文化の質の高さと深い視点に立ち、写真の持つポテンシャルを追及する編集姿勢に対して。



■日本写真協会賞 2023年受賞者


作家賞:笠井爾示

新人賞:中井菜央

国際賞:石渡真弥、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭

功労賞:百々俊二、写真新世紀

学芸賞:大山 顕、雑誌『写真』編集部(代表:村上仁一編集長)







閲覧数:84回0件のコメント
bottom of page