top of page

【明日開幕】牛腸茂雄 写真展「 “生きている”ということの証」


明日11月3日(金)から、市立伊丹ミュージアム(兵庫県)にて、『牛腸茂雄 写真展 “生きている”ということの証』が開催されます。

会期中の展覧会場内で、幣誌vol.4をお取り扱いいただくことになりました。


本展は、没後40年を迎え、『牛腸茂雄全集』(赤々舎)が刊行されるなど注目を集める写真家、牛腸茂雄(1946-83)の回顧展です。

生前に制作された写真集『日々』1971年、『SELF AND OTHERS』1977年、『扉をあけると』1980年、『見慣れた街の中で』1981年に収録された作品と、未完に終わった『幼年の「時間(とき)」』の作品、関連資料など約200点が展示されます。


お近くの皆さまは、ぜひお出かけください!



■開催概要


牛腸茂雄 写真展 “生きている”ということの証


会期:2023年11月3日(金祝)〜12月24日(日)

会場:市立伊丹ミュージアム 展示室2・3・5

〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20

休館日:月曜日

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)

主催:市立伊丹ミュージアム

企画協力:株式会社コンタクト

協力:三浦和人、赤々舎



閲覧数:33回0件のコメント

Comments


bottom of page