top of page

【開催決定】『写真』vol.4「テロワール/Terroir」刊行記念展・石川竜一個展「風土 人間の殻」、口絵作家5名のグループ展をふげん社にて開催


©️ Ryuichi Ishikawa

このたび2023年8月3日(木)から9月3日(日)まで、雑誌『写真』vol.4「テロワール/TERROIR」の刊行を記念して、石川竜一個展「風土 人間の殻」と、口絵作家6名(笹岡啓子、田附勝、中井菜央、山口聡一郎、田代一倫、北井一夫)による特別展示を、コミュニケーションギャラリーふげん社にて同時開催いたします。


vol.4「テロワール/TERROIR」の巻頭は、石川竜一が本誌のために撮り下ろした新作「風土 人間の殻」を掲載します。ふげん社3階では、本誌掲載作を含む約30点を展示いたします。石川は、『okinawan portraits 2010-2012』、『絶景のポリフォニー』(2014、赤々舎)の自身の出身地である沖縄で撮影したスナップとポートレートで第40回木村伊兵衛写真賞を受賞し、高い評価を得ています。沖縄以外の日本各地のスナップを収めた最新写真集『zk』(2022)から繋がる今回の掲載作は、「人は人の中に景色を見ることができる」と本人が語るように、それぞれのポートレートからは地域性、歴史性、社会性、精神性というそれぞれの個が立ち上がる一方で、人間の動物的な存在という普遍性を際立たせています。石川がポートレートの中に見出した「絶景」にご期待ください。


また、vol.4「テロワール/TERROIR」特集の口絵掲載作家である笹岡啓子、田附勝、中井菜央、山口聡一郎、田代一倫、北井一夫の作品を、同じくふげん社2階・Papyrusギャラリーにて展示します。独自の距離感を持って、それぞれの土地と関わり合いながら生み出された写真作品を、本誌と合わせてぜひご覧いただけますと幸いです。


会期中には、いくつかの関連イベントを開催します。初日8月3日(木)にオープニング・レセプションを開催し、9月2日(土)には、誌面で対談を行った二人石川竜一×飯沢耕太郎(写真評論家)のトークを開催します。また、同じく誌面で美術史家・伊藤俊治の故郷の風土を綴った書き下ろしテキスト「秋田 その風土と世界性」とコラボレーションした写真家・石川直樹と、雑誌『写真』編集長・村上仁一とのトークを8月27日(日)に開催します。



■開催概要


石川竜一個展「風土 人間の殻」

雑誌『写真』vol.4「テロワール/TERROIR」刊行記念展

笹岡啓子/田附勝/中井菜央/山口聡一郎/田代一倫/北井一夫


2023年8月3日(木)〜9月3日(日)

火〜金 12:00〜19:00

土・日 12:00〜18:00

休廊:月曜日、夏季休業8月14日(月)〜17日(木)

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒153-0064 東京都目黒区下目黒5-3-12


関連イベント:

①オープニング・レセプション

8月3日(木)17:00〜20:00

参加費 3000円

『写真』vol.4 1冊+1drink


②[特別対談] 石川直樹(写真家)× 村上仁一(雑誌『写真』編集長)

8月27日(日)17:00〜18:30

参加費 1000円(会場観覧・オンライン配信)


③ギャラリートーク 石川竜一 × 飯沢耕太郎(写真評論家)

9月2日(土)14:00〜15:30

参加費 1000円(会場観覧・オンライン配信)


イベントのチケットはオンラインストアからご購入ください。

※配信のアーカイブ視聴可能期間は2023年10月1日(日)まで

※オンラインでチケットのご購入が難しい場合、ふげん社までご連絡ください。


■ご予約受付中!


7月20日発売

雑誌『写真』(Sha Shin Magazine)

vol.4「テロワール/Terroir」


[巻頭口絵] 石川竜一「風土 人間の殻」

[口絵作家]笹岡啓子「PARK CITY」、田附 勝「KURA Kの家」、中井菜央「雪の刻」、山口聡一郎「Driving 瀬戸内」、田代一倫「灘へ続く町」、北井一夫「隠岐の島」

[コラボレーション]テキスト・伊藤俊治×写真・石川直樹「秋田 その風土と世界性」


ふげん社オンラインストアと店頭でご予約を受付中です。

ご予約期間内は【国内送料無料】(¥2,970)でお届けいたします。



vol.4「テロワール/Terroir」詳細は本サイトトップページをご覧ください。



閲覧数:90回0件のコメント
bottom of page