top of page

【PRE-ORDER】vol.6「ゴースト/Ghost」ご予約受付開始

本日から、2024年7月20日発売の雑誌『写真』vol.6「ゴースト/Ghost」のご予約受付を開始いたしました。


今号では、目に見えず、触れることもできないものの、確かにそこに存在するように感じる「何か」、不可視の存在と写真の関係を考えるべく、主題を「ゴースト/Ghost」としました。


巻頭作家は、志賀理江子さんです!


不可視であるからこそ不気味で魅惑的な、現代におけるゴーストとは何なのか。写真が捉える物質的なイメージと、その背後に潜む記憶や曖昧な要素を、写真家の作品や執筆陣の論考を通して多角的に探求します。


コンテンツ一覧と、編集長の巻頭言をサイトのトップページ公開していますので、ぜひご覧ください。


ふげん社オンラインストアからご注文いただいた場合は、【国内送料無料】でお届けいたします。


We are pleased to announce that we are now accepting pre-orders for the "Sha Shin Magazine" vol.6 Ghost, which will be on sale on July 20, 2024.

During the pre-order period, the magazine will be delivered free of charge for domestic shipping.



Contents


[口絵/ARTWORKS]

巻頭

志賀理江子 Shiga Lieko

「霧の中の対話:宮城県牝鹿半島山中にて、食猟師の小野寺望さんが話したこと」

阿部 淳 Abe Jun

岩根 愛 Iwane Ai

苅部太郎 Karibe Taro

永瀬沙世 Nagase Sayo

吉野英理香 Yoshino Erika

百々俊二 Dodo Shunji


[LONG ESSAY]

大山 顕「心霊写真は死んだのか?」

浜野志保「エイダ・エマ・ディーンの心霊集合写真」

北 桂樹「2000年代以降の日本の現代写真 写真の物質性」


[SPECIAL]

須田一政 Suda Issei「Temptation + 私の写真と記憶についての断片」


[SPECIAL GALLERY]

ふげん社写真賞 第三回グランプリ受賞 浦部裕紀

[CURRENT REVIEW]

飯沢耕太郎「時評 写真評論家の眼」

[INTERVIEW]

巻頭インタビュー 志賀理江子(聞き手=飯沢耕太郎)

ベルギーの日本写真専門のギャラリー「IBASHO」マルティン&アンヌマリー(聞き手=速水惟広)

KG+ SELECT2024グランプリ 劉星佑


[REPORT]

大塚 勉『TRANS-BODY』

清里フォトアートミュージアム


[SHORT ESSAY]

大西みつぐ「波間の夢「80年代」とカラー写真」

[COLUMN]

小田原のどか/石井朋彦/八木寧子/山﨑修平/マーク・ロビンソン


[MECHANISM]

座談会:赤城耕一、豊田慶記、ミゾタユキ

​​

[PHOTOBOOK]

Hi Bridge Books/曲線/トトノエル/tata/IACK/ほんの入り口/橙書店


[EXHIBITION REVIEW]

タカザワケンジ/タシロユウキ/鳥原学/河島えみ


vol.6「ゴースト/Ghost」

発行:2024年7月20日

仕様:A5判変形

発行:ふげん社

制作:合同会社PCT

​価格:3,300円

閲覧数:52回0件のコメント

Comentarios


bottom of page